開発方法論比較

ウォーターフォール

  • ウォーターフォールという手法は非常に簡潔で、極めて古典的な発想の開発マネジメントシステムです。配信日やプロジェクト完了期日が決定しており、さらに製品の最終仕様が開発の途中で変更されないなど、緻密な計画を立てて開発するのがウォーターフォール型の手法
    • メリット
      • 確実な要件が為作業戻しがない。
      • 工数管理が簡単。
    • デメリット
      • 確実に要件定義ができる人が必要。
      • チーム力が必要。

アジャイル

  • 実際にスクラム開発は求められる最終仕様に近づけるために、タイミングごとに作業を分析し修正します。プロジェクトには製品開発を担当するチームやテストを担当するチームなど幾つかのチームが参加し、密に連携を取りながら「小さな」機能を開発する作業を繰り返し、完成を目指します。
    • メリット
      • 課題に関して早いスピードで対応可能。
      • 顧客からの信用度が高める。
    • デメリット
      • 確実にマネジメントができる人か必要。
      • 開発者の普段か高める。

プロトタイピング

  • 設計の早い段階から機能を制限したり簡易化したりした試作機(プロトタイプ)を作成し、トータルの開発工数を減らすための開発手法のことです。クライアント企業にとっては初期の段階から本番に近い画面イメージを確認することができるのが最大のメリットです。
    • メリット
      • 要件が全て無くても開発だできる。
      • より精度の高い要件を集めることができる。
    • デメリット
      • プールスペックの開発者が必要。
      • プロジェクト期間が長引く。

スパイラル

  • ウォーターフォール型開発を何度か繰り返すもの
    • メリット
      • 何回も振り返すことになる為要件の間違いがない。
    • デメリット
      • 確実にマネジメントができる人か必要。
      • プロジェクト期間が長引く。